2006年08月31日

モーツァルトに癒されて。

先日、ハマリもんを運営しているまりりんさんに、「モーツァルトが良いよるんるん」とのお話を聞き、さっそく、Yahoo!ミュージックのサウンドステーションで聴いてみました。

このサウンドステーション、無料で聴ける音楽コンテンツで、私も開始当初から利用しているのですが、クラシックには興味が無く、クラシックチャンネルを聴いたことは今まで一度もなかったのですが、鍼灸院でも流れているし、その魅力は薄々とは感じていたので、「良いきっかけかもexclamation&question」と思い聴いてみたのです。

で、感想は・・・


「うん、たしかに良いわーい(嬉しい顔)


いつもパソコン作業しながら、バックでかけているのですが、作業がとてもはかどるような気がします。
しかも、心が落ち着く感じで、いらいらが和らいでいく感じがします。

まりりんさんいわく、
「モーツァルトの曲には、身体の水を整える作用がある晴れ
とのことらしいです。

以来、ずっとモーツァルトの曲を聴いています。

音量を大きくして、掃除する時に聴いたり、仕事しながら聴いたり、考え事する時にも聴いたりしていますが、モーツァルトが天才と呼ばれる理由が解りました。

興味のある方は、ぜひお試しあれるんるん

予断ですが、浪花のモーツァルトも天才ですぞひらめき
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他
2006年08月27日

診察結果は・・・!?

前回起きられなくて行けなかった病院ですが、今度は寝ないように起きていて、無事に行くことができました。

気になる診察結果は・・・

なんともスッキリしないものでしたバッド(下向き矢印)

事前に色々なサイトを見て、一番疑っていた睡眠時無呼吸症候群でしたが、睡眠時無呼吸は、軽度ながらあるけど、マスクなどをして治療する必要まではないとのこと。

「病名をつけるとしたら、特発性過眠症ですね。」

と言われました。

この、特発性過眠症、なんでも1万人にひとりの確率で発症する病気なんだとかがく〜(落胆した顔)

「治療は、ベタナミンという薬で様子みましょう。」

とのこと。

この病気の治療法はまだ確立されてないらしくふらふら、薬も今のところ2種類(今年中にもう1種類追加されるらしい)しかなく、どちらかで様子を見るしかないとのことでした。

てなわけで、さっそく明日から薬を飲むことになりました。
昔、うつ病の薬でえらい目にあったことがあるから、薬が怖いんですよね。
上手いこといけば良いのですが・・・あせあせ(飛び散る汗)
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過眠症
2006年08月25日

どないや!スカイマーク。

私は、スカイマーク羽田⇔神戸をよく利用している。

開港間際まで、「え!神戸空港て結局できるん?」て感じだったけど(寝てばかりなのでニュースに疎い)、お知り合いに「1万円で安くてええよ!」と言われたので、今年3月頃、初めて使ってみたのですが、「確かに良いるんるん

新幹線新幹線より1時間早く着くし、なにより安さが魅力だ。

というのも、当初の料金体系は、普通運賃が10,000円、前割7(出発7日前までに予約が必要)というのが7,000円。前割1(出発前日までに予約が必要)が9,000円だったかな。
とにかく、激安値だったのだぴかぴか(新しい)

いつも出発日は10日前までには決めていることから、迷わず前割7を利用していた。
空席を安売りする「スカイスペシャル7,000円」てのも1回利用したけど、どうやらそのサービスは廃止したようだ。

しかし、シンプル(料金体系もサービスもあせあせ(飛び散る汗))を売りにしていたスカイマークだが、スカイマークのホームページを見て驚いた。

なんか、とても複雑になっているがく〜(落胆した顔)

前割10、8、7、5、3、2、1って、時限バクダン爆弾かよ。
(詳しくは、スカイマークのHPで。)
どうしても8が理解できない。なんで8なの?

とか思っていたら、11月からは一転して、

普通運賃(11,000円)と前割7(10,000円)の2通りだけになっているふらふら
前割1も廃止とか。

「う〜ん、なんか割安感がないなぁ。」

結局は、当初より普通運賃が1,000円の値上げ。前割7が3,000円の値上げということになる。

しかし、大幅に複雑にしたかと思えば、大幅にシンプルにするという、なんとも不可解な行動の裏側が気になって仕方がない。

でもこうなれば、私の場合、わざわざリスクを冒してまで前割7は使わないだろうな。
せめて前割7が9,000円くらいにならないものか。

しかし、「開港後一年間、普通運賃1万円」ていう記事を見たことがあるのだが、一体あれは何だったんだろうかダッシュ(走り出すさま)
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2006年08月22日

しりとりの「り」。

先日の電車内での出来事です。

私の前に座っておられた、母(推定30代前半)と子ども達(推定7歳と5歳)。

そのお母さん、誰がどう見てもヤンチャ系の方でした。
髪は白に近いゴールド。目つきが鋭く、今にでもこちらに刺さりそう雷な勢いです。
とまあ、こんな感じなのですが、母子仲良くしりとりをはじめたのです。平和ですね。

「じゃあ、お母さんから言って。しりとりのりからねわーい(嬉しい顔)」とはしゃぐ子ども。
り言うたらりんごかな。と勝手に予想していたら、なんとお母さん、私の予想を大きく覆してくれました。



「りは、リ○チ。」



・・・可愛い子どもとのしりとりなのに。ひきつる私ふらふら




その後もお母さん、やってくれました。


「パンチ」(パンツとかあるのに。)



「やいと」(やぶさめ?とかあるのに。)



今度はお母さんが「ウド」と答え、子どもが「ど」で困っていたら、お母さん、助け舟を出しました。



「どつきパンチパンチパンチがあるでしょ〜!?」



(うわぁ〜。このしりとり、怖くて見られないがく〜(落胆した顔)ま、見るけど。)



そして、またお母さんの番。



「さは、逆さ吊りや。」



と言った瞬間、子ども達が「怖いぃぃぃ〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)」と大泣き。
はい、しりとり終了時計

んを言ってしまって終了するしりとりはたまに見かけますが、泣いて終了したしりとりを見たのは、もちろん人生初グッド(上向き矢印)周囲は、見て見ぬふりをしてましたダッシュ(走り出すさま)
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(2) | TrackBack(0) | 電車内
2006年08月19日

鍼灸治療一日目。

と、いうことで一回目の鍼灸治療に行ってきました!
(といっても、私の住んでいるところから13秒程で行ける場所なんですけどね足

過眠症というのは、前々から相談していたので、カルテの細かい質問に答えていきました。
お通じの具合、肩・腰の痛み、などだったかな・・・。

で、鍼灸治療スタート。
いきなり、肩を見てびっくりがく〜(落胆した顔)されました。
何でも、肩の左右に山が2つあるそうで、ひどさ5段階中の5だそうです。
記念写真を撮りたいカメラとまで言われたくらいです。

で、肝心の治療ですが、40分くらい丁寧にやっていただきましたが、ぜーんぜん、痛いことはありませんでした。

かかと灸といって、睡眠のリズムを整えてくれるらしいのを中心に治療していただきました。なんてすばらし〜〜〜ぴかぴか(新しい)

その後、初めての治療だったのか、足の裏が、一時間おきにピクピクとけいれんをおこすようになって、「おっ、これは何かに効いてるのかな〜exclamation&question」とか考えると、次回の治療が楽しみで仕方がありませんでしたるんるん
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍼灸治療
2006年08月18日

鍼灸のお話。

最近、鍼灸院の先生方とお知り合いになり、鍼灸のお話を聞かせていただいたのですが、なんでも鍼というのは、何を治すというものでもないそうですね。
一つが良くなると、身体のバランスが整ってきて、楽になるそうです。

「おそめさんも、鍼灸治療を受けてみたら?」と院長先生に言っていただいたので、これから鍼灸院に通うことに決めました。

ちょうど、笑っていいとも!増刊号で鍼の特集をやっているのを見て興味を持っていたところだったので、グッドタイミングひらめきだったと思います。

でも、私の母親から、「布団針のぶっといやつさされるんやで!」と聞いていたのであせあせ(飛び散る汗)
怖いイメージがあったんですけどねがく〜(落胆した顔)

先生によると、
「髪の毛くらいの太さの鍼だから、痛みは感じるか感じないかの程度」
ということで、安心しましたわーい(嬉しい顔)

ここから、おそめの鍼灸治療がスタートしたのであります。
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍼灸治療
2006年08月15日

過眠症で困ること。

過眠症で困ることといえば、もちろん仕事に影響することですが、
細かなことでも色々あります。


それは、宅配便プレゼントの受け取りです。


ピンポンが鳴っても起きられないと不在票だけが残ってしまいますし、再配達を依頼しても、何時から何時と、数時間の開きがあるので、また眠ってしまったら終わりです。

以前、初めて聞く運送会社の代金引換便でのこと。
その一週間は特に過眠がひどく起きられず、毎日連続で不在票が入り、保管期限を過ぎてしまったのです。

私の住んでいるマンションでは、住人不在のときは管理人室で預かってくれるのですが、さすがに代引便は無理です。

で、配達の度に不在票が入っていたのですが、伝票の右上にデカい文字で、
3回目」「4回目」「5回目!!」と手書きで書かれているのです。

しかも、5回目の時は、びっくりマークexclamation(もとい怒鳴りマークむかっ(怒り))2つ入りexclamation×2
回を重ねるごとに、文字の大きさもデカくなっていました。
起きられない私が悪いのですが、きちんとカウントしているドライバーさんもすごいなと。
ちなみに、5回とも同じドライバーさんの名前が書かれていました。

保管期限を過ぎてしまったので、ダメもとで電話したら今日まで預かって、連絡無しなら配達依頼人へ返送されるところでした。
「今度は絶対に起きてるぞ。」と、頑張ってようようピンポンに応えたのですが、その伝票の書き方から想像していたとおり、感じの悪い方が配達に来られました。


「お宅さんなあ、普通やったら3べんも来たら誰かしら出はるで。6回も足運ばしてむかっ(怒り)
と言われてしまいました。


ごもっともなご意見ですが、私もそうしたくてしているわけではないし、それより「6回も」と、ちゃんと今回の分1回プラスしてカウントされたのにも無性に腹が立ちました。

普段だったら負けずに文句を言わせていただいているところですが、何せ意気込んで起きていたので眠さが勝ってしまい、その気力も全くなく、ドアをバタンと閉めた直後眠りこんでしまいました。


・・・が、夢の中でしっかり文句言ってましたわーい(嬉しい顔)
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(7) | TrackBack(0) | 過眠症
2006年08月13日

起きられなかった。

先日の検査入院の結果を聞くための予約は、7月上旬13時だったのですが、起きたのが14時前。起きられませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

予約を入れ直してもらおうと、身体が動いたのが16時前。
(いつも起きてから2時間位は、身体を動かすのが辛いのです。)
予約時間に起きられなかったのと、身体が動かないのとで、いらいらが募る一方でした。

そして、医院へ電話。
予約の入れ直し、最短でなんと二週間後でした。。

そんなに待てないexclamation
と思い、「何時でも良いので、もう一度調べてください。」と言いました。

でも、無理でしたバッド(下向き矢印)


「今この電話で結果だけ教えてくれませんか?」


無茶な要望と思いつつ聞くも、
「私は医師ではありませんので、一切分かりかねます。」
と、すぐに返されました。
そりゃそうだ。仕方がないので諦め、二週間後で予約を入れ直してもらいました。

自分でも大嫌いなこの性格。
自分が悪いのに、人にあたることが多々あります。(わがままですね・・・。)
昔はそんなことなかったな。

もっと穏やかになりたいわーい(嬉しい顔)
それには、この過眠症が一番の天敵むかっ(怒り)
時間にゆとりをもてたらどれだけ素晴らしいか。とか考えていたら、またいらいらが募ってきてしまいましたたらーっ(汗)
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過眠症
2006年08月12日

大阪環状線。

電車内、第2弾です。
こちらもちょっと前の話になりますが、大阪環状線電車の電車内での出来事です。

上司(推定40代半ば)と部下(推定30代前半)と思われる二人組が、私の前に立っておられました。

上司はほろ酔い気味ビールで、次から次へと部下へ浴びせかける説教の数々。
どうも口任せに言っているようです。
しかも、あまりに大きな声で怒鳴るものだから、部下の困惑気味な顔が伺えます。
その内容はほとんど忘れてしまったのですが、本当に他愛ない内容でした。

7〜8駅走ったところで、私の下車駅に到着。

ちょうど部下も下車する駅だったようで、小声で上司に
「あのぉぉ、もう着きましたので・・・・・・」
と申し訳なさそうに言ったかと思った途端、上司の口がさらにヒートアップexclamation×2


「何言うてんねんパンチまだグルグル廻れるんや、もういっぺん廻るんやむかっ(怒り)


そう。環状線だから、数十分乗っていたらまた同じ駅に戻って来られるのを上司は利用したんですね。
ほろ酔いでも頭は冴えてるんやなぁ、と思わず感心ひらめきしてしまいました。

部下のたじたじ顔が可哀そうでしたけどね。いい気分(温泉)

できれば私ももう一周したかったのですが、時間が足りなかったので泣く泣くその駅でこの二人にお別れしたのでした。

あの後の二人が気になります。
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車内
2006年08月10日

耳を疑う。

先日行った、クイック・レストランSガストでの出来事です。

東京、神奈川、埼玉にしか出店していないようですのでご存知ない方も多いかと思いますが、ようはカウンター形式のガストです。
松屋と似ているかな。
クイックを謳っているだけあって、どんな定食も2〜3分で提供されます。

で、この日は、得朝定食を注文しました。(今気付いたけど、朝定食ではないのね。)

ここの朝定食は、ご飯のお替りが自由にできるので、その日も例外なくお替りをしようと従業員さんを呼ぼうとしたのですが、ハンバーグの鉄板を両手いっぱいに抱えておられたのでどうしようか迷いましたが、ちょうど私の目の前に鉄板を降ろそうとしたので、
すかさず、「ご飯お願いします。」と言ったんです。

すると、信じられない言葉が返ってきました。




「あ〜〜ほ〜」いい気分(温泉)




訳が分かりませんがく〜(落胆した顔)

でも確かに言われました、アホと。

・・・お互いが一瞬固まりました。
その直後、「あ〜りがとうござぃまぁすグッド(上向き矢印)」と(変なイントネーションで)訂正されましたダッシュ(走り出すさま)

重い鉄板に気をとられていて、「アホ」と「ありがとうございます」を間違ったのでしょう。
どんなやexclamation&question

なぜか、とてもほのぼのできた一日でした。晴れ
また行きま〜すレストラン
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2006年08月08日

検査入院当日。

6月下旬。検査入院の日でした。

この検査入院。
頭から足先まで電極をペタペタペタと装着し、21時頃に就寝。
翌朝5時頃に検査終了というものでした。

この日も、到着が遅れそうになったので、ダ〜〜っと猛ダッシュで医院に向かいました。

看護師の方に、さっきまで寝ていたことを伝えると、
「今日これから眠れますか?眠れなかったら診療費がまたかかってしまってもったいないから延期してもいいですよ。」
と気遣っていただきました。

しかし、ここで延期するとまた一ヶ月先になるとのこと。
また一ヶ月も悩み続けるのは絶対に嫌だったので、今日入院して帰ると言い切りました。

とは言ったもの、寝付けないかな〜とかほんのちょっと心配しましたが・・・・・・


心配無用でしたわーい(嬉しい顔)


開始5分後には夢の中。眠い(睡眠)
翌朝4時頃まで、一回も目が覚めることはありませんでした。

そういえば、よく周りから「それだけ長い時間トイレにも起きないの?」と質問されますが、全く起きません。あっても年に数える程です。
あるとしたら、前日付き合いで飲む苦手なお酒ビールを口にした時くらいですね。

とにかく、夜中に目を覚ますことがないので、「に羨ましいわ。」とか言われますが、
私からすればそのをどうにかしたいのであって、羨ましいとか言われてもちっとも嬉しくありませんもうやだ〜(悲しい顔)

話が逸れましたが、終了の5時頃まで夢と現実の狭間でぼ〜っとしていたら看護師さんが電極を外しに来られ、それからシャワーを浴びて帰りました。

結果は一週間後に出るとのこと。
一週間後が待ち遠しくて仕方がありませんグッド(上向き矢印)

ちなみに、この日の診療費は保険自己負担分とベッド代やらで3万円弱でした。
試しに周りに言ってみたら「高い!」と言われましたが、私からしたら、過眠症の原因が突き止められて、治療が開始できるならいくら払っても良いと思っているので、この金額は安いもんだと思います。
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過眠症
2006年08月06日

シャカシャカおやぢ。

私は仕事柄、電車移動が多く、その車内では様々な人間ドラマTVを観させていただいております。
ドラマと大げさに言いましたが、ようは笑い話が主です。

「電車内」というコンテンツを追加しましたので、今後も素敵なドラマがありましたら紹介していくつもりですのでよろしくお付き合いください。

今回はちょっと昔の話ですが、その際乗車した電車内での出来事です。

電車内でも眠くなるので、その日も例外なくウトウトしていました。
良くタヌキさん達を見かけますが私は本当に、気持ち良〜〜〜くウトウトと眠い(睡眠)

そしたら夢か現実かの狭間くらいで、右横からシャカシャカシャカシャカるんるんるんるんと、なんともリズミカルな音が聞こえてくるではありませんか。シャカシャカ・・・・・・るんるんるんるん

気になったので、寝ぼけ眼をこすりながら横を見た瞬間、思わず声を上げてしまいました。

「こっ、こなっ・・・exclamation×2

私のズボンにかかりそうな勢いで、白い粉が大量に発生しているのです。モバQ

そう、この白い粉。


隣に座ってたおっさんの爪とぎのカスだったんですがく〜(落胆した顔)


シャカシャカシャカシャカ・・・・・・るんるんるんるん

以後、電車内で音にえらく反応してしまうようになった私なのでしたダッシュ(走り出すさま)
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車内
2006年08月05日

はじめての診察。

6月上旬、予約の時間に若干遅れながらも病院に到着しました。

待合室には、結構な人数の患者さんが座っておられましたがく〜(落胆した顔)
ざっと15名程でしょうか。
「なるほど、こりゃ1ヶ月待ちにもなるわなあせあせ(飛び散る汗)
とか考えながら、自分の名前が呼ばれるのを待っていました。

「おそめさ〜ん!?」

お医者さんに呼ばれ、診療室に入り、事前に自宅に送られていたアンケートを提出。
それの確認や軽い問診、採血などが行われて、最後に検査入院の日取りを行うというながれでした。

「なんや、今日は何も原因は分からんのか雨

私は、少しでもヒントになるようなことを期待していたのですが、
ロングスリーパー
という言葉を初めて聞いた以外は、この日は特に発見というものはありませんでした。

でも、症状についての訴えをうんうんと聴いてくださったのには安心感を覚えました。
(だって周囲に話しても、聴いてはくれても「気合が足りんからや」だの「もっと責任感を持ちなさい」だの言われるんだもんねもうやだ〜(悲しい顔)

検査入院はおよそ3週間後となり、その期間、渡された用紙に睡眠時間・覚醒時間・食事の時間など記入をするように言われました。

「おっ!これは自分でも新たな発見があるかもな。」と思いながら、帰路につきました。
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過眠症
2006年08月04日

なめとんか。

しょっぱなから汚い言葉遣いでスミマセン。

これは、私が思わずテレビに向かって実際に発してしまった言葉なんです。

普段からこんな言葉使ってる人みたいですねあせあせ(飛び散る汗)
って、たま〜〜に使ってるんですけどね爆弾

それはさておき、何かといえば、6月29日に日本テレビ系列で放送された「スッキリ!!」って番組。
極楽とんぼの加藤さんとテリー伊藤さんが司会の番組です。
(後日、別の意味で話題になった番組ですね。)

その日は、眠りの質を上げる!快眠のコツを伝授!!って特集をやっていたんです。

「おっ!これは見ねばひらめき」とテレビにかじりついて見ましたよ。
で、さあこれから、という時に電話がジリリリ〜ン、と。

何かと思えば、実家の母親でした。
「あんた、いま10チャンつけてみ。眠りの質がどうとかやるから。」
※ちなみにこっちでは、4チャンです。
なんだか、慌てて電話をかけてきた様子でした。

で、肝心の内容はというと、まずはどんな体勢で寝ているかというアンケート。
スカイダイビング型とか戦士型などがあり(^^;)、私は戦士型で、結果は脳疲労を溜めやすい第2位の体勢だとか。
「う〜ん、微妙だ曇り

で、お次は眠りの質をアップさせて快眠できる仙人体操だとか。
仙人みたいなポーズをとって、どうこうすれば良いとかやってましたが、なんだかあほらしくなってチャンネルを変えてしまいました。

「なめとんか、しょうもない。そんなんで治るんやったら楽なもんやむかっ(怒り)

・・・私の欠点に、直感だけで良し悪しを決めつけてしまう、というのがあるんですが正しくそれですね。

それにしてもこの仙人体操、試してみると以外と効果があったのかもしれません。
(やるつもりはないですがバッド(下向き矢印)

結局その日得たのは、ロングスリーパーだということを確信できたことでしたふらふら
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過眠症
2006年08月02日

過眠症になった理由。

それは、私にも分かりません。(理由とか言っておきながらスミマセンあせあせ(飛び散る汗)

そういえば、2年程前までは就寝時間がとても不規則でした。
午前2時〜3時頃とか、お昼12時頃まで起きていたりも結構ありました。
その時間まで、仕事場のホームページ作成のため、ディスプレイとにらめっこばっかりしていたんですよね。

今は午後11時を回ったら、必然的に上まぶたがドスンと落ちてくるような感じです。
で、目が覚めたときには大抵お昼過ぎです。夕方になることもしばしばあります。
起きた後2時間位は、頭がぼーっとしてほとんど動けない状態です。

私の場合、いきなり睡眠時間が長くなったとかではなく、そういう不規則な生活から今の過眠症が形成されてきた感じでしょうか。
昔から良く寝ていた方なんですけどね。

しかし、「寝る子は育つ」とは良く言ったものです。
電車の扉が開いたかと思えば、その場にうずくまっているってのは日常茶飯です。
(頭をぶつけてしまうんですねどんっ(衝撃)
ちなみに182.5cmあります。今でもぐんぐん伸びているような感じがしてなりません。

話が逸れてしまいましたたらーっ(汗)
で、最近やっと専門医に診てもらおうという気力になり、医院を探して受診の予約を入れることにしたのですが・・・

なんと、予約は最短で1ヶ月待ち。
「そ、そんなに待つの?」と、どうしようか悩みましたが、ここで入れておかないとこのまま先へ先へと延びてしまうのは明白だったので、それで予約を取りました。

しかし、この1ヶ月間はあっ!という間でした。
そりゃそうだ。覚醒している時間が他人より極端に短いんですから。

こうして、おそめの過眠症の原因究明が始まっていくのです。
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過眠症
2006年08月01日

はじめましてのごあいさつ。

皆さまはじめまして!
私、おそめと申します。(20代の男性です)

このブログでは、5年程前から発症した過眠症について綴っていこうかな、と考えています。
ブログをやるのは2回目で、初めのは仕事場のブログでしたので、気を使いながら書いていて、それに疲れたのか2ヶ月もたたない内にやめてしまった経歴(?)がありますので、このブログではそうならないよう、お気楽晴れに書いていけたら良いなぁ〜と考えています。

最初の方は、過眠症の症状など思い出せる範囲でつらつら〜っと書いていきます。
分かり難い箇所や、完全に忘れてしまっている部分もあるかと思いますが、そこんところは許してやってくださいね。

で、いま私の最大の敵である過眠症ですが、どのような状況かと言いますと、1日平均14時間(休日は16時間)位寝てしまいます。
と言っても、この時間も日によってバラバラで、12時間の日もあれば20時間の日もあります。
最高時間は、つい最近の25時間でした。

これだけ寝て、その後がスッキリ過ごせたなら「まぁ、しゃぁないか」で許せるんですが、寝ても寝ても寝たりないし、起きている時も常に睡眠を体が求めていて、寝ぼけながら仕事とかをするので、生活効率(?)はとてつもなく悪いですもうやだ〜(悲しい顔)


仕事が全然できません。

起きるべき時間に起きられなくて、イライラの連続です。

人一倍やる気はあるのに、ちゃんと起きられないだけで一気にやる気が失せます。

完全に覚醒したと思ったら、また眠気がど〜〜〜んと波のように押し寄せてきます。

このまま眠り続けて、いっその事目が覚めなければ良いなぁ・・・・・・。
なんて、つまんないこと考えてみたりもバッド(下向き矢印)

このブログで良い方へ向かえる「何か」を発見できるなら、と思いブログを始める事にしました。
さぁ、どうなることやら・・・・・・。
posted by おそめの過眠症ブログ。 | Comment(2) | TrackBack(0) | 過眠症

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。